藤井聡太 聖火ランナーに決定!変わらぬ謙虚な姿勢に好感の嵐!

スポンサーリンク

将棋で歴代最多の29連勝を記録し一世を風靡した藤井聡太七段が、2020年東京オリンピックオリンピック聖火ランナーに選ばれたことがニュースで話題となり、注目を集めています。

この記事では、若干17歳にしてオリンピック聖火ランナーという大役に選ばれた藤井聡太七段の心情についてと、それについての世間の反響をまとめます。

それでは早速その内容を見ていきたいと思います。

 

藤井聡太 聖火ランナー決定!その心情を明かす

将棋において最年少でありながら最強と謳われるほどの圧倒的な記録を持つ藤井聡太七段(17歳)。

わずか14歳にしてプロの将棋士としてデビュー。

そして、プロデビュー戦で加藤一二三を破り、見事公式戦勝利史上最年少記録を更新した経歴を持っています。

プロデビューしてからは中学生でありながらも歴代最多連勝記録の29連勝を果たし、一躍時の人として話題になりました。

そんな17歳とは思えぬ濃密な経歴を持つ藤井聡太七段が来年2020年東京オリンピックの聖火ランナーとして選ばれたことで世間から注目を集めています。

そして、聖火ランナーとして走ることに対する心情を明らかにしました。

藤井聡太七段は「今回、東京2020オリンピックの聖火リレーコースに瀬戸市が選ばれ、愛知県コースの出発地となる事につきましてとても喜ばしく思っております」と喜びのコメントをマイクに向けて語りました。

さらには、「瀬戸市で暮らしながらプロ棋士として対局を重ねる私にとって、地元の方々のご声援、ご支援はありがたく、大きな力となっております。今回、いつも応援してくださる地元の皆さまに笑顔が届けられるよう、聖火ランナーの一員として自分らしく精一杯走りたいと思っております」

と、大人顔負けな礼儀正しい対応と謙虚な思い、そして聖火ランナーの一員として前向きに走る意気込みを明らかにするのでした。

普段、将棋士として対局を行っていることから、正座のイメージの強い藤井聡太七段。

今回、聖火ランナーとして選ばれたことに驚きを感じた方も実はけっこう多いのではないでしょうか。

そこで、今度は藤井聡太七段が聖火ランナーとして選ばれたことや、語ったコメントに対して世間がどんな印象をいだいているのか?

スポンサーリンク

それらの疑問ついて見ていきたいと思います。

 

藤井聡太 聖火ランナー決定に対する世間の反響は?

 

まだ若いのに凄く立派なコメントだなぁ

以前、藤井君の中学時代のクラスメートが「彼は足が速い」と言ってたのを、何かの番組で見た事があるので、この大役をしっかりやり遂げてくれる事でしょう。
て言うか、藤井君が走ってる姿を見たことないので、個人的に興味津々。

藤井さんは得意科目は体育なんですよね。世界にアピールする機会に選ばれて嬉しいです。
将棋は門外漢だけど藤井さんは大好きだし、ずっと年下だけど尊敬してます。

マジか笑
なんとなくこういうのは断るかなと思ってた
藤井君が走ってる姿が見られるなんてなんか嬉しいw

 

真偽は定かではありませんが、藤井聡太七段、イメージとは真逆で実は足が速いという意見がちらほら見られました。

他にも彼の謙虚あるコメントに対して感嘆する声や走る姿を見るのを楽しみにしているいった肯定的な声が数多くあげられています。

個人的にも藤井聡太七段が聖火ランナーとして走る姿を見ることが楽しみでなりません。

 

まとめ

ここまで、聖火ランナーとして選ばれた藤井聡太七段の心情についてと、世間の反響についてまとめてきました。

これからの彼のプロ将棋士としての動向も気になるところです。

また、藤井聡太七段以外の聖火ランナーとして「なでしこジャパン」のメンバーが選ばれることも決定したそうです。

他には、ノーベル物理学賞を受賞した天野浩・名古屋大教授、18年平昌冬季五輪フィギュアスケート男子銀メダリストの宇野昌磨選手、武豊騎手や歌手の西川貴教も決定したことが発表されました。

 

スポンサーリンク
ブログランキングにも参加しております。
引き続き応援していただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です