蓮舫が安倍首相に苦言…マスク2枚配布よりも事業損失補填を!

スポンサーリンク

安倍首相が決定した全世帯にマスクを2枚ずつ配布する決定に対して蓮舫氏が鋭いツッコミと苦言を呈したことが話題となり、大きな注目を集めています。

一体どんな発言を言い放ったのでしょうか?

そこで今回この記事では、蓮舫氏が安倍首相のマスク全世帯2枚配布決定に対してどんなコメントをしたのか?その報道についての深掘りと、世間の反応を見ていきたいと思います。

それでは早速内容に入っていきましょう。

 

蓮舫が安倍首相に苦言…その内容とは?

4月2日に立憲民主党の蓮舫副代表が安倍首相が決定した1世帯2枚のマスク配布案について鋭いツッコミをしたことが話題となりました。

新型コロナウイルスの感染拡大への対策として政府が新たに決定したのが、1枚200円のマスクを1世帯あたり2枚配布すること。

えっ、1枚200円ってかなり高くないですか!?

って思いますよね。

なぜそんなにもマスクのコストが高いのかというと、日本郵便で郵送する際に1通あたり29円かかってしまうからだそうです。

それが、5000万世帯に配布するため、最低でも210億円相当の予算が費やされるとのこと。

210億円も使ってマスク2枚だけもらってもあんまり嬉しくないような…。

今回話題となったのは、その決定に対する蓮舫氏のツッコミでした。

「そこじゃない」と。

確かに210億円規模の支援は衆議院としては破格であることを認めた上でなお、「そこじゃない」とツッコミを入れました。

蓮舫氏は「一人でも多くの方に声を上げてもらい、政府の税金の使い方の勘違いを正したいです。マスク配布にかける予算はあるが、事業主や労働者への損失補填はできない、との説明も納得できません」と強く訴えるのでした。

蓮舫氏が政権に対して具体的にはどんな案を提案したのかは不明ですが、その意見に関してはどうやら採用されなかったようです。

そして、自身のTwitterでは安倍首相に対し「国民の求めは『マスク2枚、お肉券、お魚券』ではありません」と苦言を呈したのでした。

もっと良い予算の使い方ありそうな気がすると個人的には思ってしまします。

スポンサーリンク

 

蓮舫が安倍首相に苦言…世間の反応は?

蓮舫氏による安倍首相への一連のツッコミに対して世間では多くの共感する声が寄せられていました。

これからそれらのコメントについて見ていきたいと思います。

「配送に掛けるコストを考えたら、マスク配布が優先事項とは思えない。
誰がこんな馬鹿なアイデアを、進言したのか知りたい。
飲食店に補填をし、営業休止を指示した方が、感染拡大を食い止める可能性が、高いのではないか。
昨日の国会では、新幹線整備や公共事業の質問をしている自民党議員が複数存在した。
有事の際でも、地元への利益誘導を最優先に考えている、自民党議員には驚きしかない。
次回の選挙で、このような議員が1人でも減らせる事を期待します!」

「マスク配布だけではないと思うが、配布するなら郵送なのかな?それに何かつけてくるとは思うが、経済対策、事業主を早く助けてあげてくれ」

「はぁ?国民をバカにしてるとしか思えない。
国会議員が、歳費の半分を返上して補償して欲しい。何ヶ月も国会に出席しなくても歳費を全額貰ってる議員は、全額返上してください。そのお金で、どれだけの人が助かるのか、マスク2枚より前にやれる事があるでしょう!」

「政府からマスクの作り方(布編.キッチンタオル編)
を配信して推奨すればいいんじゃないかな。
※素材を絞らず買い占め防止
そうすれば210億円もの血税は他に回せるし
家で暇持て余してる人達もマスク作りに専念。
自分も1月から数百枚マスク作ってお客様に配ったり、作り方教えたりしてますがその方がはるかに
いいんじゃないかな~」

#Yahoo!コメントより

などなど、マスクは自作できるし、それよりも今にも破産しそうな事業主を助けてくれ!といった悲痛の叫び声をあげる意見が見受けられました。

今国民が求めているのは使い捨てのマスク2枚ではないということは、間違いと言えるのではないでしょうか?

 

蓮舫が安倍首相へ苦言!まとめ

ここまで蓮舫氏が安倍首相のマスク全世帯2枚配布決定に対してどんなコメントをしたのか?その報道についての深掘りと、世間の反応をまとめてきました。

今回のマスク2枚配布案含め、今後政府がどのようなコロナ対策と経済対策を行っていくのか?

気になる方は引き続き要チェックしていきましょう。

 

こちらの記事も読まれています

戦慄かなの ゆゆうたと交際発表!嘘?本当?ツイッターで真相報告

「志村どうぶつ園」どうなる?名前変更?相葉雅紀が新MC就任か

鳥貴族が臨時休業発表!理由は新型コロナウイルス?再開はいつ?

スポンサーリンク
ブログランキングにも参加しております。
引き続き応援していただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です