現金30万円の給付対象者は?年収100万円以下?自己申告制で条件も

スポンサーリンク

4月3日に新型コロナウイルス緊急経済対策が新たに発表されました。

その対策とは、「1世帯あたりに30万円を給付する」という内容でした。

個人じゃなくて世帯単位なんですね…。

また、さらに給付には条件があるとのことです。

そこで今回この記事では、現金30万円給付報道の内容とこの対策に対する世間の反応について見ていきたいと思います。

それでは早速内容に入っていきましょう。

 

現金30万円給付決定!その内容とは?

先日、1世帯あたりにマスク2枚配布を発表したことで、国民から多くの批判を受けた安倍首相ですが、今度は1世帯あたりに現金30万円給付されることが新たに公表されました。

本当にもらえるのなら生活に支障を受け始めている家庭にとってはとても嬉しいことだと思います。

ただ、この現金30万円給付というのにはいくつかの条件があるということが明らかになりました。

その条件というのがこちらです

 

  • 一定水準まで所得が減少した世帯
  • 収入の減少について書類で示す
  • 単身の場合は年収100万円以下
  • 住民税世帯非課税

そして、これらの条件を満たした人が「自己申告」することによって現金30万円がもらえるとのことです。

詳細な条件などは今後さらに議論した上で決定していく方針を明らかにしました。

 

現金30万円給付決定に対する世間の反応は?

今回の対策について世間では多くの意見が飛び交っていました。

これからそれらの一つ一つについて見ていきたいと思います。

やはり今回の現金30万円給付案に関しても多くの批判が飛び交う結果となりました。

「条件が厳しい」「家族間で喧嘩になる」「一人一人に改案しろ!」などなど厳しい意見が寄せられています。

 

まとめ

ここまで現金30万円給付報道の内容とこの対策に対する世間の反応についてまとめてきました。

給付金額30万円は良いと思いますが、給付対象者が限定され過ぎていてもらえない方にとっては多くの不満が溢れる結果となりました。

欲を言えば一人一人に補償が行き届く対策案を立てていただきたいと感じます。

今後の動向について気になる方は引き続き要チェックしていきましょう。

 

こちらの記事も読まれています

「コロナ離婚」する夫婦としない夫婦の違いとは?理由を考察!

劇場版名探偵コナン公開延期!クレヨンしんちゃんや他2作品も

土屋炎伽 謝罪…クイズ番組でやらかし炎上!出身大学はどこ?

スポンサーリンク
ブログランキングにも参加しております。
引き続き応援していただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です